夫婦の印鑑事情

結婚式や入籍のイベントにつきものなのがハンコ、印鑑ですね。
特に女性は姓が変わるので、新しい印鑑を新調する必要があります。
稀に同じ名字同士で結婚!っていうのもあるかもしれないですけどね。
結婚を機に、夫婦でハンコを新調しようかな、と考える方もいるかもしれません。
そこで、少し小耳に挟んだ話があって、どうやら古来より、お嫁さんの印鑑のサイズは旦那さんの印鑑よりひと回り小さいサイズの方が良いとされているようです。

女性側が男性側よりも大きいサイズの印鑑を持つ、ということは、女性上位となり円満さを欠くという意味合いがあるみたいです。
今は、年上のお嫁さんや、旦那さんより立場が上の、しっかりしたお嫁さんの方が、家庭がうまくいく、とか言われていますけどね…。
でも、どうせなら、夫婦円満の願いを込めて、お嫁さんの印鑑は旦那さんより一回り小さいサイズか、または同じサイズにした方が良いのかもしれないですね。
はんこの文字ですが、女性の実印は名前のヨコ彫りがベストだそう。
理由は、旦那さんが一家を支える柱となるように姓名を縦に彫るのに対し、お嫁さん
はそれを支えるように、名前を横に彫る、といった意味からきてるようくです。

他には、お嫁さんが姓名のタテ彫りにすると、旦那さんを倒して女性上位になる、といった意味合いもあるようですよ。
ちなみに銀行印は、男性は姓名のヨコ彫り、女性は名前のヨコ彫りが良いみたいです。
ヨコ彫りは、お金が末広がりにお金を貯めていく、という意味合いのようです。
これからハンコを新調する人は、少し気にかけてみてくださいね。

*このサイトは現在準備中です
銀行印の印鑑の書体の選び方
http://hostalmayasalta.com/
助成金考察サイト | 企業の助成金についての解説ページです。
http://www.hp-mlk.org/
印鑑通販 No.1【年間27万件!楽天】印鑑のハンコヤドットコム
http://www.rakuten.ne.jp/gold/hankoya/